もし、家庭用脱毛器を買うのだったら、ランニングコスト(場合によっては、イニシャルコストよりも重要かもしれませんね)も気をつけないといけません。 家庭用脱毛器の本体の価格が安いからという理由で買ったけど、ランニングコストが高くて、トータル的には高くついたなんて話もよくあります。 高機能で、しっかり脱毛できる家庭用脱毛器を選択するようにするのは当たり前なのですよ。 それに、ランニングコストをきちんと考えて選ばなければなりません。 家庭用脱毛器は、いわば消耗品であり、ずっと使えるものではありません。 カートリッジやバッテリーは、いずれダメになってしまいますから、交換する必要があります。 始めに、本体以外に、必要になる消耗品の値段を調べてください。 そして、1ショット(打撃行為だけでなく、打球そのものを指す場合もあります)いくらなのか、1回の脱毛にどのくらいのコストがかかるのかを確認しましょう。 ランニングコストが安いから、これ!というのではなく、ランニングコストと本体価格を合わせて、トータル的に考えます。 家庭用脱毛器は、色んなメーカー(不良品などの問題が発生したら、製品を回収しなくてはいけませんよね)から発売されていますが、どこもランニングコストが安いと呼んでいるのです。 しかし、全然安くないところもある為、いくつか気になる家庭用脱毛器をピックアップして、比較するのがいいでしょうー